なまえ決まりました

ものの名前は、あるべくしてあるもの

シンボルのかたちも、あるべくしてあるもの

だれかが決めたようであるが、実はそうではない

"そのもの"がもっているもの

ラージャヨーガのグルからも、オーラソーマの学長からも、そのような話をきいたことがありました

さて、あるとき名前を変えるというアイデアがやってきました。教室なのかサロンなのかスタジオなのか道場なのか・・・カテゴリーすらも分からない。それからというもの、あれこれ思案したり思いつくままに調べたり。しかしいたずらに日々は過ぎ・・・

そして。昨日、プーラということばがやってきました

プーラはスペイン語で「純粋な」、サンスクリット語で「都市、砦」の意味

そしてPuraVidaプーラ・ビーダ(ヴィーダ)ということばに遭遇。音が素敵!!

コスタリカでの挨拶といえばこれにつきるとか

ビーダは「人生・命・生活」。いいんじゃないか、いいんじゃないか!!と思ったけれど、あちこちでよく使われておりました。あら。

というわけで、パラビータ(ParaVita)に決まりました!

paraとvidはサンスクリット語

ちなみにわたしの聖名はParama Vidya Devi(至高の智慧の女神)。ちっちゃく生きてる場合じゃないですわ。。。


ライフ&スピリット  ParaVida(パラビーダ)

0コメント

  • 1000 / 1000