GyanaとParaVida~

Gyana (ギャーナ)は

般若心経の

「ギャーテーギャーテーハラソーギャーテー

ボディスワハー」

ギャーテーはGyana(ギャーナ)。悟り。ギャーナを積み重ねていくことで、疑念が晴れ、無智さの闇がなくなり、モクシャ、カイバルヤといわれる解脱の状態に至ります

ボディはBuddi(ブッディ)。理智、理性、知性

どちらも智慧という意味です


四大ヨーガをご存じでしょうか?悟りをひらくのに、4つの(ヨーガの)道があるといわれています

●ラージャ・ヨーガ(王者のヨーガ)

すべてのヨーガを内包する王者のヨーガ。徹底した客観視と意識化する能力を向上させ、感覚器官が伝える感覚に振り回されない。自分の感情に巻き込まれない。自分の思考回路や知性すらも客観視できるようになる。ひとり悟れる者となる

●バクティ・ヨーガ(信愛のヨーガ)

この世界全体は純粋意識(神の意識・Holy Spirit)が空気のように浸透し満たしている。起こることはすべて起こるべくして起こっていること、と世界へ、大いなる存在への信頼が芽生える。バクティ・ヨーガを行じていくと、「何があっても大丈夫」と思えるようになる。たとえ蛇に噛まれても、「神様のお使いが来た」と蛇さえも愛おしく思えるようになる。きっと

●カルマ・ヨーガ(行為のヨーガ)

行為の結果を手放す。どんなに努力しようが、どんなに苦労しようが、被害に遭おうが、その結果に執着しない。良い結果にも、望まぬ結果にも執着しない。落ち込んだり泣いたり怒ったり、有頂天になったりもあるかもしれない。いっときの波をやり過ごし。波が去れば、またそこから。過去の栄光にすがったり、過去の痛みを引きずったり、忘れたつもりになっていても不意にフラッシュバックしたり・・・。記憶のお掃除と浄化。感情、思考、性格、人間関係、人生のステージ、どんどん切り替わっています。「いまできること」をするだけ。すべての行為には欠陥がある。だから、欠陥をいちいち気に病むことなく、堂々と生きればいいのさ

●ギャーナ・ヨーガ(智慧のヨーガ)

何が本物なのか?変わらないものは何か?真実はどこにある?

ギャーナ・ヨーガは探求のヨーガ。偽物、見せかけ、まがい物、装飾、パターン化したもの、迷妄(マーヤ)を突き抜ける

邪気、邪念、雑念から自由

「本当の自分」に会いたい人。真実在をつきとめよう

paraは至高の

vidaは生命、人生